ミニマリズムの本質 3.捨てた、辞めた理由を記録する

こんにちは、キャンベルです!

 

前回はミニマリストの本質としてゴールへの意識をお伝えしましたが、今回は捨てた、辞めた理由を記録することの重要さをお伝えしたいと思います(*^_^*)

 

皆さん断捨離をしようとしてリバウンドしたことないですか?(^_^;)

(私は昔数え切れないくらいリバウンドしてます苦笑)

 

ミニマリズムについてもリバウンドの可能性はそこかしこに秘めていますが、捨てた理由を記録していくことで継続的にミニマル体質がついてきますよ(*^_^*)




捨てた、辞めた理由を記録することの重要性

大事なこと

捨てた、辞めた理由を記録することが何故大事かの理由として最初にリバウンドしないためと書きました(-_-)!!

 

一回捨てたら別にもう気にしなくて良いんじゃない?と思う人もいるかも知れません、、

 

ですが、ここを疎かにするとものを持つ理由や何かをする時の行動基準が出来ませんし、

同じではないけど似たようなジャンルのものを見た時にまた買ってしまうことがあるからなんです(T_T)

 

逆に言えば捨てた理由を言語化し、ルール付けて行けば体質が大きく変わりますのでこれはオススメですよ♪

言葉だけだと少し分かりにくいかも知れないので、ここからはジャンル毎に具体的な例を紹介していきたいと思います(*^_^*)

ものの場合

ものですと、好きなものが良い例です(*^_^*)

 

例えば好きなキャラクターや芸能人のグッズを買ったは良いけど、本棚の奥に入ってたので思い切って捨ててみるとします(-_-)!!??

 

その時は本棚の奥に入ってたレベルのものであれば別に良いかと考えて捨てるかも知れません、、、

 

ですが、本質的には好きな芸能人のグッズだから普段使い出来なくて結局気づいたら本棚に隠れてただけかも知れませんし、

本当は買った時だけテンション上がってたけど意外とそうでもないかもしれません、、、(..)

 

実際私も過去買ったもので、好きな衣類はかなりありましたが、選択肢が多いのがストレスで捨てました(>_<)

周りからはおしゃれと褒めて頂き嬉しかったのですが、服は基本似たパターンで統一してるので、それを選ぶのがストレスでしたし、TPOで分けて使う様なものもありませんでした、、、

 

また、一時期は自宅に20本以上酒があるほどの酒好きですが、あると飲んでしまい学生時代は月の半分くらい一人で潰れてたので酒とグラスは一括処分しました、、、(><)

 

こんな風に何故捨てたかなどを言語化しておくことで、ものを持つ基準やルール作りをしておくと、自分が嫌なものを買わなくなるのでオススメです(^^)♪




ことの場合

こと(行動)で一番ありがちなのが、お酒やスマホアプリかと思います(^^;)

実際疲れた時はお酒飲みたくなりますし、何気ない移動時間ではついついソシャゲしたりニュースアプリ見たくなる人も少なくないと思います(..)

 

ただこうした事例は身近すぎてちりが積もるまで気づけ無いものですし、かといって全部無くすとイライラします(>_<)

 

なので、個人的なオススメは自分がどこまでだったら許容出来るかを見極めて削ることです!

 

お酒だったら、あると飲んでしまうんだったら大きな瓶などは買わず、適度に落ち着けるレベルの量以上買わないようにしたり、スマホアプリは気になるなら絶対いるものだけは死守して他は捨てるといった感じです(`・ω・´)

 

私の場合、これで夜は平和になりましたし、スマホもアプリが一気に減り時間がかなり生まれました(スマホは深いテーマなので別記事挙げてます!)

 

金の場合

金に関してはかなり難易度が高いですが、ここも辞めた理由を強く意識することが大事なトピックです!

 

固定費の見直しについては、一度見直してしまえば暫く問題無いかと思いますが、変動費に関しては、お金があればあるほど使ってしまう人が殆どなので強い意思力とルールが必要です(>_<)

 

私の場合、変動費の改善をした時に大きく効果が出たのは、ICカードのオートチャージなどの細かい、無意識な支出だったのでこうした変動費は目的意識をベースにルール作りで自制すると良いでしょう♪

 

理想を言えば家計簿を項目のもれなくつけることがベターですが、家計簿をつける時点できつくなってきた場合は無理せず人の手を借りて自制するのも大事な手段です(^^;)

(私は家計簿が性に合ってるのですが、家計簿を細かくつけるのは世間的にハードル高いので絶対のオススメはしません苦笑)

 

しんどいことや向いてないと感じることは無理せず専門家や知人の力を借りましょう!

 

時間の場合

時間についても、他のトピックと同じで辞めた理由を言語化して繰り返さない様にルール化するのがベターです( ・`ー・´)

 

時間に関しては割と理由が分かりやすく、時間のミニマリズム始めたての人であれば飲み会やそこまで重要じゃない付き合いでしょうし、進んでくるとスマホの断捨離などもあると思います(^^)♪

 

時間に関して一番ベターなのは時間の家計簿をつけることになるので、出来ればここを徹底的にやって欲しい所です(>_<)

 

私もつけ始めて1年になりますが、見違える程時間の使い方が変わりましたし、細かく改善が出来るので継続的に時間の使い方が変わっていき生活の質ががらっと変わりました(*^_^*)

(時間の家計簿の付け方、時間の管理の仕方、改善方法についてはこちらで講座もやってますので興味ありましたら是非♪)




終わりに

こと、もの、金、人、データなどなどミニマリズムは一回断捨離するだけではなく継続的に取捨し、受け入れないことも大事になってきます♪

どうしてもルールがないとリバウンドしやすいミニマリズム、断捨離だからこそこうした捨てた、辞めた理由を言語化して素敵な人生にしていきましょう(*^_^*)

 

 

【ミニマリズムの記事一覧はこちら